2016年12月2日金曜日

❝吃驚仰天!❞⇒一日のタクシー代しめて94万円なり 民進党衆議院・柚木道義!・・・

1日でタクシー代94万円 の怪、民進・柚木議員を直撃! 距離3256キロ、3日と6時間43分…1日で乗車できる金額・距離ではないが 
ZakZak(2016.12.01)




国会バトルの最前線で政府・与党を攻撃する柚木氏 ☛ ☛ ☛


民進党の柚木道義(ゆのき・みちよし)衆院議員が「タクシー代として1日で94万3000円を使った」という“情報”が今週初めから、ツイッターなどで流布されている。約3200キロも乗車できる金額だが、一体どういうことなのか。国会で、閣僚の「政治とカネ」などを追及している柚木氏を直撃した。

 驚きの情報は、柚木氏の政治資金収支報告書(2015年分)の写真とともに11月28日、ツイッターにアップされた。

 投稿者は「何処に行くために使ったか見当もつきませんが、こういう使い方をされる為に税金払っている訳ではないです。民進党議員は税金泥棒なんですか?」と書き込んでいた。

 柚木氏の収支報告書を確認すると、支部長を務める「民進党岡山県第4区総支部」には15年1月27日付で、岡山県倉敷市の「ショウエイタクシー」に47万1530円を支払ったとあった。

 注記には「後援会と折半」とあり、「柚木みちよし後援会」の報告書にも同じ日付で、同じ金額が記載されていた。合計は94万3060円だ。

 このタクシー代を距離に直すと3256キロになる。北海道稚内市から沖縄県糸満市までの距離とほぼ同じだ。タクシー会社の料金シミュレーションでは、3日と6時間43分ほどかかるという。

とても1日で乗車できる金額・距離ではない。1年間で地球5周分ものガソリン代を計上していた民進党前政調会長を思い出す。

 夕刊フジは、柚木氏を直撃した。

 柚木氏は「14年12月の『アベノミクス解散』(11月21日解散-12月14日投開票)で、車を運転するスタッフが足りなかった。選挙活動で使ったタクシー代を一括で支払った」といい、次のように説明した。

 「14年11月19日から12月30日まで、タクシーを1日=1万6200円で40日間借りた」「時間外は約180時間で、1時間=1620円」「その他、高速道路使用料を入れた合計が94万3060円だった」

 柚木氏は「やましいことはない。証拠も開示できる」と明確に語った。

 「二重国籍」問題をひきずる民進党の蓮舫代表も、柚木氏を見習ったらどうか。


                                                 


ブログ管理人考:

国会のピエロ!〜、
比例復活(ゾンビ)の常連が偉そうに国会で現政権に噛み付く事が仕事と勘違いしている

◼︎【[国会大荒れ!]柚木道義《再質疑!さらに再々質疑!本会議でもYES/NO枕発動w》安倍総理 2016年11月1日】:




国会で政府・与党を攻撃する事しか能がない男!〜、
2016年4月、母校の同窓会名簿に有料で名刺広告を掲載した事で岡山地検から公職選挙法違反容疑で、事務所の会計責任者が任意で事情聴取を受けていた。
これに対して民進党・柚木道義は!〜、❝学校は小選挙区制における選挙区外に所在している、比例区との区別がついていなかった!❞との無知丸出しの釈明をした。

❝1日でタクシー代94万円 の怪!❞〜、

小選挙区と比例区の区別がつかない程の無知な男では、94万円のタクシー代を距離に換算すると、・・・3256キロになり、北海道稚内市から沖縄県糸満市までと同距離になる。タクシー会社の料金シミュレーションでは、3日と6時間43分ほどかかるという。
柚木道義がのったタクシーは特別仕様で、・・・ジエット航空機と同じ速度で走行可能な車だったようです。

➤ ❮❮14年12月のアベノミクス解散後、❝14年11月19日から12月30日まで、タクシーを1日=1万6200円で40日間借りた!❞、❝時間外は約180時間で、1時間=1620円!、❝その他、高速道路使用料を入れた合計が94万3060円だった」❯❯・・・

疚しい事はない!、証拠も開示できる!と言っているが、移動交通に秘書が運転する車ではなくてタクシーを利用している事です。
公設秘書はいないのか?、ネットで調べましたが判明しませんでした。
公設秘書の給料は国が支払うの懐は痛まないはずなので、居ないわけがありません。
それとも架空の秘書を雇い給料をネコババしているのか?、・・・
たった!、一日で96万円ものタクシー代を政治資金収支報告書に記載する神経の持ち主では可能性は十分にありますね!。

疚しいことがないなら、証拠を国民に開示して欲しいものです!・・・
同時に代表の蓮舫の戸籍提出で二重国籍問題にケリをつけるべきでしょう。

コメントを投稿