2016年12月23日金曜日

日本国破壊を目論む『自治体議員立憲ネットワーク』が沖縄から機動隊の撤退を求める!・・・

沖縄派遣中の機動隊の撤退求め声明文 都公安委に地方議員ら 「安全確保するどころか乱暴に排除や拘束」
産経ニュース(2016.12.22)



9月15日、ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=沖縄県東村高江

沖縄県の米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事現場に、機動隊を派遣するのは不当だとして、自治体議員立憲ネットワークは21日、東京都千代田区の警視庁本部を訪れ、機動隊を速やかに撤退させるよう求める声明文を都公安委員会に提出した。

 声明文では「警視庁をはじめ500人以上の警察官、機動隊員が市民の安全を確保するどころか、乱暴に排除、拘束している。公費の支出も納得できない」と指摘した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ❝吃驚仰天!❞『自治体議員立憲ネットワーク』が〜、
❝機動隊員が市民の安全を確保しないで、乱暴に排除、拘束している!❞ と抜け抜け!と大嘘を吐いて機動隊の撤退を求めたとは!・・・

沖縄の住民の安全を脅かしているのは県外から遠征した支那の工作人と言っても差し支えない『逝かれ・パヨク』、在日、加えて南鮮から出張ってきた連中がデモの名を借りて、実際は違法デモであり、住民の車の交通妨害や、沖縄県職員に暴力を振るって怪我を負わせている。

自治体議員立憲ネットワークは調査不足なのか、裏付けも取らず警視庁本部を訪れ沖縄に派遣されている機動隊の撤退を求める暴挙は許し難いものが有る。

『自治体議員立憲ネットワーク』とはどんな団体なのか❢?!〜
 興味位を持ちネットで検索しましたが、吃驚仰天!・・・
立憲などとは全く関係なく、単なる日本国の伝統、文化、価値観の破壊を目的とするシルーズのような共産党の出先機関では無いのか?と思えるほどでした。

『自治体議員立憲ネットワーク』:設立2014年6月15日


自治体議員立憲ネットワークの趣旨!〜、抜粋

3条 立憲ネットは立憲主義に立ち、平和主義、基本的人権、国民主権、地方自治に基づく日本国憲法が活かされる社会の実現をめざす。

4条 前条の目的を達成するために、自治体議員の立場から次の活動に取り組む。
1集団的自衛権の解釈改憲に反対し、個人や市民団体、労働団体、学者文化人、国会議員等と連携し、運動を進める。
2立憲主義の立場から超党派で、運動と政治、国政と地域を結び合わせ、地域活動を強める。

3その他、会の目的の達成のために必要な活動を推進する。






会員数:(2016年4月15日)!〜

                             民進党                               114人
                             社民党                              163人
                             市民ネット                            100人
                              緑の党                            31人
                              新社会党                       5人
                              無所属・他                          237人
                              元議員・サポーター     193人
                           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           合計             842人


自治体議員立憲ネットワーク役員!〜、
共同代表:
西崎光子      東京都議会議員(東京・生活者ネットワーク)
角倉邦良                  群馬県議会議員(民進党)
松谷 清                  静岡市議会議員(緑の党)
玉田輝義                  大分県議会議員(無所属)
高田良徳                  香川県議会議員(社民党)

事務局長:                     市来とも子               杉並区議会議員(社民党)
会計    :                      川名雄児  武蔵野市議会議員(民進党)
監査       :                      長谷川俊英 大阪府堺市議会議員(無所属)
                                         五十嵐智美 佐倉市議会議員(市民ネットワーク千葉県)

尚、姉妹団体として!~、


「立憲フォーラム」(代表近藤昭一・民): 設立(2013年4月25日)
護憲派による超党派の議員連盟。

「戦争をさせない1000人委員会」: 設立(2014年3月4日)
日本が解釈改憲をすることで戦争をできる国へと変わるということに反対することを目的としての活動を行っている団体:
発起人!~、

雨宮 処凜/内橋 克人/大江 健三郎/大田 昌秀/奥平 康弘/小山内美江子
落合 恵子/鎌田 慧/香山 リカ/倉本 聰/佐高 信/瀬戸内 寂聴/高橋 哲哉
高良 鉄美/田中 優子/山口 二郎。

などがあり、互いに協力しあって日本国破壊に一年365日、狂奔しています。

立憲主義を唯我独尊の世界で自分らの都合良き歪曲して!〜、
『自治体立憲ネットワーク』は立憲主義に立ち!・・・

✦ ❮❮平和主義、基本的人権、国民主権、地方自治に基づく日本国憲法が活かされる社会の実現をめざす❯❯・・・
 狂気の沙汰がぴっったり!と当て嵌まる。
立憲主義に不可欠な元首、国、国家主権が明記されてはおらず、・・・今では時代錯誤と成り果てた、お花畑で浮遊している毒花粉ばかりを強調している。
 世界中の憲法の美味しい処だけを齧り切り貼りし、・・・たった、しかも憲法学者でも、法律の専門家でもないただのGHQの女性職員が2周間で草稿した日本の現憲法!・・・
加えて現憲法は違法占領憲法であり!〜、
鬼っ子憲法(鬼っ子は誕生する時に母体を殺す!)の最たるものもので、・・・GHQが日本国を破壊するために押し付けたものだ!と、言っても断じて過言ではない!。

こんな忌むべき『鬼っ子憲法』が生かされる社会が実現した時は、日本国は支那の属国!〜、
支那共産党日本省となり、日本国民は❝塗炭の苦しみ!❞の中で足掻いている事でしょう!。





コメントを投稿