2016年12月3日土曜日

『朗報』腹を括ったか!? 安倍政権/北朝鮮に独自制裁で締め付け強化!・・・

政府、対北朝鮮独自制裁を決定 再入国禁止の対象拡大 
日本経済新聞(2016/12/2 10:18)


拉致問題に関する関係閣僚会合であいさつする安倍首相(左)=2日午前、首相官邸 ☛ ☛ ☛ 

 国連安全保障理事会が11月30日に制裁強化の決議を採択したのを受け、タイミングを合わせて制裁実施に踏み切った。日本は安保理での制裁決議の内容をみたうえで独自制裁を決める方針だった。

 安倍晋三首相は2日午前、国家安全保障会議(NSC)と北朝鮮による日本人拉致問題に関する関係閣僚会合を相次ぎ開催。北朝鮮の相次ぐ核実験や弾道ミサイル発射について「新たな段階の脅威であり、このような暴挙は断固容認できない」と強調。
独自制裁で米韓両国とも協調していく考えを示した。

今後の対応で政府は2日午前、9月に5回目の核実験を強行した北朝鮮への独自の制裁強化案を発表した。在日本朝鮮人総連合会幹部など北朝鮮訪問後に日本に再入国できなくする対象者を拡大する。北朝鮮に寄港した船舶は日本籍船舶を含むすべての船舶の日本への入港も禁止する。北朝鮮に寄港した船舶は日本籍船舶を含むすべての船舶の日本への入港も禁止する。米韓両国も日本と連携し、近く独自の制裁案を発表する見通しだ。

国連安全保障理事会が11月30日に制裁強化の決議を採択したのを受け、タイミングを合わせて制裁実施に踏み切った。日本は安保理での制裁決議の内容をみたうえで独自制裁を決める方針だった。

 安倍晋三首相は2日午前、国家安全保障会議(NSC)と北朝鮮による日本人拉致問題に関する関係閣僚会合を相次ぎ開催。北朝鮮の相次ぐ核実験や弾道ミサイル発射について「新たな段階の脅威であり、このような暴挙は断固容認できない」と強調。独自制裁で米韓両国とも協調していく考えを示した。今後の対応では「安保理決議などへの北朝鮮の行動を十分注視していく」と述べた。

 一方、拉致問題への対応では「対話の窓口をわが国から閉ざすことはない」とした。

 政府が北朝鮮への独自制裁を強化するのは今年2月以来。このときは1月の北朝鮮による核実験を踏まえたもので、北朝鮮に寄港した第三国船舶の入港禁止などが柱だった。


                                                  



ブログ管理人考:

安倍総理と政権は!〜、
北朝鮮の相次ぐ核実験や弾道ミサイル発射について ❝新たな段階の脅威であり、このような暴挙は断固容認できない!❞ と強調!・・・

漸く重い腰を上げて!〜、
北朝鮮に対して独自制裁で締め付けを強化を決定!・・・

北朝鮮への独自の制裁強化案!〜

✦ 在日本朝鮮人総連合会幹部、北朝鮮訪問後に日本に再入国不可の対象者の拡大!・・・

✦ 北朝鮮に寄港した船舶は日本籍船舶を含む全ての船舶の日本への入港も禁止!・・・


米/南鮮両国も日本と連携し、近く独自の制裁案を発表する事が期待されているが、・・・南鮮は朴槿恵大統領の去就が確固たるものではなくて、連日の大規模・朴槿恵大統領の退陣を強要するデモが行われている最中に、どんな独自制裁案を公表できるのか?、疑問です。
連日のデモは極左野党が北朝鮮の意を受けて、また南鮮内に潜む北朝鮮・工作人が仕掛けているもので意図的に『日・米・南鮮=離反』を目論んでいるものである事は明白です。
こんな、政情不安定の最中に南鮮が、果たして北朝鮮に対する効果的な独自制裁案を公表できるか?疑問です。

また、米国もレームダック(残りの任期一ヶ月)では思い切った制裁を北朝鮮に課す事は考えられず、・・・外交鈍痴の最たるものであるオバマ大統領が、下手に動くと北朝鮮の後ろに控える支那、ロシアが国益を全面に押し出してカウンター・パンチを繰り出して北朝鮮を支える可能性を否定は出来ません。


◼︎【金正恩氏「南朝鮮軍をたたきつぶす。誰一人生き延びることはできない」 ソウル標的の砲撃演習を指揮】:

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は2日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が、韓国の首都ソウル(Soul)を標的とした大規模な砲撃演習を陣頭指揮したと伝えた。 
演習では、南北軍事境界線付近の5つの島をはじめとする韓国の軍事拠点に加え、ソウルやその他の都市の「反動的支配機関」を標的にしたという。 


KCNAは、金氏が前線の砲撃部隊の演習を指揮し、「戦闘が始まれば南朝鮮軍にこのような致命的な打撃を与え、最初から抵抗の意志を完膚なきまでにたたきつぶし、やつらを一掃する」「誰一人として、何一つとして生き延びることはできない」などと述べたと伝えた。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例によって『ヤルヤル詐欺!』である有ることは確かであり、取るに足らぬ知恵遅れの北朝鮮金王朝・正恩の子供騙しの恫喝!と一笑に付す事ができますが!〜、

 南鮮が国内に米国主導の高高度ミサイル防衛(HAAD)システムを配備する事で、・・・支那やロシアを警戒させたことはたしかであり、特にHAADを極度に恐れ嫌う支那が汎ゆる手段を使って米国と南鮮の離反を画策し、此れが今回の金正恩・『ヤルヤル詐欺!』の背後に有る事が容易に考えられます。

恐らく、米国と南鮮両国が独自制裁を北朝鮮に課す事は、非常に困難な朝鮮半島の政情です。

日本は『日本人拉致問題が全く進展を見せず、拉致され異国の地・北朝鮮で日本政府の拉致被害者の救出作戦を祈る思いで待ち焦がれている拉致された方々の為!』との大義名分があるので、HAADとは全く関係なく恣意的に独自制裁を北朝鮮に課す事ができます。
要するに、安倍総理は隙間外交展開で朝鮮半島の政情を変える目論見なのだ!とブログ管理人は洞察しています。

 ❝願わくば!❞〜、安倍総理の目論見が見事に花咲く事を祈るブログ管理人です。





コメントを投稿