2018年9月26日水曜日

スエーデンと共産党支那の確執が激化!・・・


【中国】スウェーデンのテレビ局が中国を侮辱 中国大使館が抗議「人類が道徳的に許せるライン超えた」

2018年9月22日、中国メディアの観察者網によると、在スウェーデン中国大使館の報道官は同日、スウェーデン・テレビが21日夜に放送したニュース番組について、内容や司会者の発言が中国と中国人に対する侮辱・攻撃に当たるとして、同テレビ局に対し「強く抗議」したことを明らかにした。 

番組内で使用された中国地図にチベットや台湾が描かれていなかったほか、司会者が中国人を差別するような発言をしたという。報道官は「人類が道徳的に許せるラインを超え、良心に挑戦するものであり、メディアの職業倫理に著しく違反している」と非難した。 

最近、中国とスウェーデンの対立が激化している。スウェーデンの首都ストックホルムで先日、地元警察が中国人観光客を粗暴に扱ったとして、中国政府がスウェーデン政府に抗議する事態に発展していた。(翻訳・編集/柳川)


                                                    

共産党支那外交部がスエーデンのホテルに
   強く抗議した原因となった動画は!~
2018年9月19日水曜日、
    拙ブログで取り上げたました!・・・

共産党支那政府が外交部が正式にスエーデンに抗議したので、問題となった動画をまだ観てはいない拙ブログ訪問客の方々がいると思われるので、再度アップ致します。


■【Chinese tourists complain after being removed from hostel in Sweden】:


スエーデンのテレビ局が報じた!~、

   台湾とチベットの一部が表示されていない支那地図
                                             ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

支那を❝ KINA!❞ と呼ぶようですが、これは英語のChaina と語感が似ていますね。

             ❝助けて!❞ と叫ぶ中国人親子
           ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎


       『大便禁止!』のポスター
           ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

番組内で使用された支那地図にチベットや台湾が描かれていなかったことや!〜、
ニュースキャスターが支那人を差別するような発言をした!・・・
支那政府報道官は『人類が道徳的に許せるラインを超え、良心に挑戦するものであり、メディアの職業倫理に著しく違反している」』と非難した。

この話題は日本のネット空間にスレ立てされ、
       反応は以下のとおり!〜、


✦ 人類?!・・・

✦ スウェーデンを支持します!・・・

✦ 大国なんだから一々目くじら立てるなよ!・・・ 

✦ そもそも中国に人権を語る資格なし!・・・

✦ スレ違いだが米国メディアで中国のウイグル族虐待が大問題になっているが、 
  日本では新聞にもテレビにも全く出てこないのは何故なの?!・・・

✦ 中国人観光客がスウェーデンを侮辱したんだぞ!・・・

✦ 国土デカいのに器が小さいwwww!・・・

✦ チェックイン12時間前にホテルに行って「満室だから12時間後に来い」って
  言われて 火病起こしたあのニュースの事か? あれは中国人が悪い
     見に覚えがあり、指摘されると余計に反発する!・・・

✦ 真実を言われたんだな?w!・・・

✦ 支那人が道を歩いてることが非常事態だわ!・・・

✦ >道徳的に許せるラインを超え 
      いやそれはスウェーデンのセリフだろw!・・・

✦ 大便禁止のポスターがストレート過ぎて笑ったw!・・・

✦ シナ畜が道徳とは笑わせる!・・・

✦ 中国内なら見慣れてるから同族同士だから気にならないだろうけど、あいつら海外に行ってもやるんだよ。ヨーロッパって結構小型の噴水とかあるんだけど、そこで子供にやらせるの!・・・
✦ 最近アフリカでもそっぽ向かれ始めたチャイナ!・・・

✦ 満州・チベット・南モンゴル・青海・回族・雲南・東トルキスタンも
       外地だから、地図から抹消すべき!・・・

✦ スウェーデンだけに指摘されて無いのに、中国政府大丈夫か?
      先ずスウェーデンに謝罪が道理だろうに!・・・

✦ 人間としてマトモな事や常識を指摘されると、
    頭から煙を出して怒りだすのが、シナ人と韓国人だね。笑!・・・

出典:

ネット空間に寄せられたコメントの数々が、
    見事に的を見事に射ており!〜、
ブログ管理人は見解を述べる必要はありませんでした!。




2018年9月25日火曜日

【日の丸技術】世界初のローバ(移動探査ロボット)リュウグウ着地に成功:直ちに移動、撮影開始!・・・

ミネルバⅡ1、写真撮影・リュウグウ着地・ホップによる
         移動に成功!〜、
JAXA  はやぶさ2プロジェクト (Hayabusa2 Project)



9月21日に、「はやぶさ2」探査機から小型ローバ MINERVA-Ⅱ1(ミネルバ・ツー・ワン)を分離しました(分離時刻は日本時間で13:06)。
 MINERVA-Ⅱ1はRover-1AとRover-1Bの2機からなっていますが、2機とも小惑星リュウグウ表面に着地したことを確認しました。各ローバとも状態は正常で、撮影した写真や各種のデータを送ってきています。その写真等の解析で、

ローバはリュウグウ表面を移動していることも確認できました。

MINERVA-Ⅱ1は、小惑星表面に降りた世界初のローバ(移動探査ロボット)です。
また、小惑星表面で自律的に移動したこと、写真撮影をしたことも世界初です。つまり、MINERVA-Ⅱ1は、「小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物」となりました。しかも、2機同時に動作させるという快挙ともなりました。

以下に、MINERVA-Ⅱ1から送られてきた写真を示します。



図1 2018年9月21日、13:08(日本時間)頃にRover-1Aが撮影。カラー画像。探査機から分離直後に、「はやぶさ2」探査機(上)とリュウグウ表面(下)を撮影した。ローバが回転している状態で撮影しているので画像がぶれている。
(画像のクレジット:JAXA)



図2 2018年9月21日、13:07(日本時間)頃にRover-1Bが撮影。カラー画像。探査機から分離直後に撮影されたもの。右下にリュウグウ表面が映っている。左上の薄くモヤがかかっている部分は撮影時の太陽光の写り込みによるものである。(画像のクレジット:JAXA)


図3 2018年9月22日、11:44(日本時間)頃にRover-1Aが撮影。カラー画像。リュウグウ表面において移動中(ホップ中)に撮影されたもの。左側半分がリュウグウの表面。右側の白い部分は太陽光によるもの。(画像のクレジット:JAXA)

MINERVA-Ⅱ1のカメラはカラーで撮影することができます。図1では、ローバが回転しているために画像がぶれていますが、「はやぶさ2」本体と太陽電池のパドルがはっきりと分かります。パドルは青っぽく撮影されています。図3では、表面をホップしている最中に撮影されたもので、ダイナミックな動きが感じられます。

MINERVA-Ⅱ1の運用は今後も継続します。さらにデータを取得して、解析を進めて行く予定です。


■【プロジェクトメンバーからのコメント】:

✦ 吉光 徹雄 「はやぶさ2」プロジェクト MINERVA-Ⅱ1担当
ローバから届いた画像を最初に見たときに、ブレ画像でがっかりしましたが、「はやぶさ2」探査機が写っていたので、ロボットに仕込んだ通り撮像できてよかったです。また、小惑星表面でのホップ中の画像が届いたときには、小天体での移動メカニズムの有効性を確認することができて、長年の研究成果が実を結んだことを実感しました。

✦ 久保田 孝「はやぶさ2」プロジェクト スポークスパーソン(MINERVA-Ⅱ1も担当)
遠く離れたリュウグウの表面から、MINERVA-Ⅱ1の電波が届いたときには,吉報にうれしくなりました。さらに,ホップ中の画像をみたときには、永年の夢がようやく実現できて、ほっとするとともに日本の技術のすごさを実感しました。これが惑星探査の醍醐味ですね。

✦ 津田 雄一 「はやぶさ2」プロジェクト プロジェクトマネージャ
世界初の小惑星表面での移動探査活動を実現できたことは、嬉しいの一言に尽きます。小天体上の表面移動という新たな宇宙探査の手段を手に入れたこと、その技術の実現に「はやぶさ2」が貢献できたことを誇りに思います。

✦ 吉川 真 「はやぶさ2」プロジェクト ミッションマネージャ
13年前の「はやぶさ」のときに達成することができなかった小惑星表面での小型ローバの移動探査が成功して感無量という感じです。小惑星表面の至近距離から撮影された画像には感動しました。


                                                     







リュウグウは直径約1キロのダイヤモンド型!〜、
水や有機物を豊富に含んでいるとみられる「C型小惑星」!・・・
 地球上の海や生命の起源、太陽系の成り立ちなどについてのなぞを解く手掛かりとなることが期待されている。

リュウグウ!〜、
 地球と火星の軌道付近を回る直径約900メートルの小惑星。コマのような形で、表面に複雑な凹凸や最大直径約200メートルのクレーターがある。太陽系が誕生した46億年前ごろにできたと考えられ、内部には当時の状態を保った砂や有機物が含まれている可能性がある。

リュウグウは直径約1キロのダイヤモンド型で、水や有機物を豊富に含んでいるとみられる「C型小惑星」だ。地球上の海や生命の起源、太陽系の成り立ちなどについてのなぞを解く手掛かりとなることが期待されている。

ミネルバ2―1には!〜、
ステレオカメラや温度計、光センサー、加速度計、ジャイロスコープが搭載されている!・・・

リュウグウに着陸後!〜、
内蔵モーターを回転させた反動を使い、地表を跳ねて移動し、カラー画像を撮影した。
2台とも正常に機能している。
撮影した画像データは、はやぶさ2本体を経由して地球に送られたため、JAXAが着陸を確認できたのは22日の夜だった。


2台は今後!〜、
移動しながら地表の温度を測ったり、画像を撮影したりして、10月に予定されているはやぶさ2本体のリュウグウ着陸に備える。


 2005年に小惑星『イトカワ』に到着した初代のはやぶさも、同様の探査ロボを積んでいたが、正常に分離できず着陸は失敗しており、今回が再挑戦だった。

探査用ロボット・ミネルバの開発は!〜、
初めは米国の協力を得て開発を進めていた!・・・
予算が少なく、途中から日本独自開発に切り替え、…
試行錯誤、紆余曲折を得てついに車両型の探索機ではなくて、バランスを取りながら、… ぴょんぴょん!と飛び跳ね移動するユニークなロボットが完成された。
正に、日本人の血の中に脈々と流れる職人気質が生んだ芸術品と行っても決して過言ではないでしょう。

● 暗すぎる日本の世相!・・・
● 列島全体が特亜の感性に侵され!・・・
● WGIPの洗脳で自虐思考の呪縛で日本人とのしての挟持を失い、特亜に翻弄される!・・・
● 沖縄は正にスパイの天国であり、正に未曾有の危機に面している!・・・
●情報白痴のジジババどもは粗大魔スゴミにいいように誘導されて憲法改正に大反対!・・・

これらの、不吉な影を吹き飛ばすはやぶさ2号、ミネルバ探査用ロボットの世界初の快挙でした。

JAXA  はやぶさ2プロジェクト (Hayabusa2 Project)に携わる全ての方々に!〜、
有難う御座いました!、お礼の言葉を言わせて頂きます。

参考記事:
JAXAの移動式探査ロボ2台、小惑星に着陸 世界初


2018年9月24日月曜日

既に支那に籠絡された玉城デニーの狂気の『辺野古新基地/自衛に関する考え方』!・・・

今年はブログ管理人が住むカナダ・ケベック州は異常気象で、夏は平年よりはるかに高い気温が続きました。
例年なら、9月の初旬に初霜が降り、家庭菜園や花壇が終わりを告げるのですが、今年は『秋分の日を』を迎えても、家庭菜園の野菜、花壇の花を未だに元気、… 鮮やかに咲き誇っています。
今日のブログ記事は!〜、
日本国を、沖縄を愛する方々には気分が悪くなること間違いなく、…本題入る前に爽やかな気分になって欲しい!と願い写真をアップ致しました。







三日前に撮った写真です。

さて、これからが、今日のブログ記事の本題です!〜、


■【沖縄県知事候補 玉城デニー氏 『辺野古新基地/自衛に関する考え方』】:


玉城デニー日本国の、沖縄の、
        安全保障に関する世迷言!~、
➤ ❮❮ 有事の前提を置かずに平時における外交が一番大事。相互関係で成り立っているのに、基地を置くのは(相手国に対する)ある種の裏切り行為。平和になるのは基地を作らず、繁栄できるように協力していきたいという相互の信頼関係だ!❯❯・・・
 ❝ 基地は裏切り!❞ / ❝ 互いに信頼すれば平和が保てる!❞ 、…前代未聞!、 正に超弩級のお花畑論である
 
➤ ❮❮わが国の上空に飛んでくるミサイルを迎え撃つ。
              戦争の有事の前提をつくっている!❯❯・・・
ミサイルを飛ばしてくる国に迎合して、❝悪いのは安倍政権!❞!と、狂人の戯言で攻撃したに等しい。玉城デニーの論法は!~、『逝かれ・ブサヨ』、粗大魔スゴミ(特亜の工作機関紙)が安倍総理を攻撃するのと全く同じであり、… 『軍事力は攻撃してくる相手酷を抑止する為に備える』との真理を全く理解できない痴れ者である。


➤ ❮❮基地のいらない平和な状況をつくるには戦争をしないという前提です。平和外交でお互いの国を発展させていく。それが地球全体に波及していけば、それぞれの国の良さを利用して高めていくことができる!❯❯・・・
 此れが、玉城デニーの歪んだ平和論であるが、…日本と米国が沖縄の米軍基地を全廃したら、支那は尖閣諸島に攻めてこなくなるのか!?、北朝鮮が核とミサイルを廃棄するのだろうか!?、支那や北朝鮮が大喜びする平和論を臆面もなく開陳する玉城デニーの脳細胞は狂っているか、又は支那の操り人形ではないのか?と言っても決して過言ではないでしょう!。


玉城デニーは沖縄に駐留していた米軍兵士との日本女性との混血であるが!〜、
姓は父親のものではなくて母親の姓となっている!・・・
此れは不可解であり、父親が米軍兵士なら姓は父親の姓となる筈で、… 詰まりは私生児なのでしょう。
おそらく、このような、家庭的事情が玉城デニーが反日感情を抱いた原因で、そこを支那や日本の反日勢力に付け込まれ、堂々たる『隠れ支那の草!』となり、… 
今では前知事・翁長雄志と遜色ない支那の傀儡に変幻したようである。

 こんな人物が知事になったら!〜、
日本の粗大魔スゴミ!、逝かれ・パヨク!、国賊野党(維新は除く)は勿論、支那や北朝鮮は欣喜雀躍!・・・
祝電どころか、祝意表明の代表団を送って沖縄で日本の反日勢力と沖縄の路上で踊り狂うかもしれない。
歓迎の支那国旗(五星紅旗)と南北朝鮮の国旗が、・・・
沖縄中にはためく可能性が非常に高い。
光景を想像するだけでも、ぞっとする。

是非とも佐喜真氏には、沖縄活性化もさることながら玉城氏と正面から安全保障論議で、沖縄知事選を展開して欲しいものです。それで破れたら沖縄県民は既に支那の軍門に降っていると判断し、日本政府はそれなりの対応するべきでしょう!。





2018年9月23日日曜日

沈みゆく船(支那)から逃げ出すのか!? アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)!・・・


馬雲(ジャック・マー)といえば!~、
      支那財界の超大物!・・・
英語教師を務めていたが、ネット通販最大手アリババ・ドットコムを立ち上、…カリスマ的な創業者となった!・・・
今では、アマゾン・ドットコムの創業者ジェフ・ベゾスの支那版とも呼ぶべき頂点に上り詰めた。

■【ネット通販市場の限界、政府規制と貿易戦争/支那IT の風雲児ジャック・マーが感じた「潮時」】:

支那の起業家精神を象徴するマーが!~、
来年9月にアリババの会長を退任すると表明!・・・推定380億ドル以上の資産を持つ54歳の大富豪
来年9月の会長退任後は教育を中心とした慈善活動に力を注ぐとマーは語るこのニュースは投資家を驚かせただけではない。支那に築いた輝かしい地位を投げ出す理由は何なのかと、さまざまな臆測を呼んでいる。

この言葉を額面どおりに受け取るは愚の骨頂であり、… 優れたビジネスマンが想定外の行動を取るとき、凡人には分からない何かを見据えているは、過去に答えが既に出されている。


香港の著名な実業家である李嘉誠(90)が取った行動をを鑑みるとうなずける!〜、
彼が13年に支那から資産を引き揚げたとき、表向きには売却が必要という説明だったが、… 今にして思えば、中国経済が浮き沈みの激しい段階に入ると見越して早めに撤退を図ったのだ。その後の展開は、李の判断が正しかったことを示している。



因みに李嘉誠は!〜、
国籍カナダ / 1928年7月29日生まれ(90歳)/ 中国、広東省
純資産:377億ドル(2018年1月)
 恐らく、バンクーバー市・ウエスト超高級住宅街で豪邸(数十億円)を構えているのでしょう!。


マーがアリババを離れる理由は!〜、
 会社が順調なうちに側近も社員も残して去れば、サクセスストーリーに傷が付かない!… 自分の評判を守る単純明快な欲望と言えるかもしれない。

 実際、中国のIT業界が逆風にさらされていることは、マーのような天才でなくても察知でき、…もうIT業界では、バラ色の成長は望めない事は周知の事実!となりつつある。
支那ネット通販はほぼ飽和状態であり、アリババだけでなく騰訊控股(テンセント・ホールディングス)や百度(バイドゥ)も、成長を続けたければ他業種に進出するしかない。

■【IT大手に政府が介入?】:
      支那には、国際社会の識者たちの間では!〜、
      周知の事実である厳しい規制の壁がある!・・・

 金融や医療、通信などは国有企業による独占状態!・・・
 製造業ならまだ参入は可能だが、
   アリババのような企業は全く新しい対応が必要になる!・・・

      支那政府の近来の兆候は!〜、
テンセントやアリババといった大企業を警戒するようになった!・・・
共産党支那政府はこれらの企業にマイノリティー出資(過半数を超えない株式の取得)をすることで、国内の証券取引所に上場させて規制の網を掛けようとしているとも言われている(これまで支那のIT大手は外国で上場してきた)。

      支那の起業家が最も恐れるのは!〜、
自分たちの成功に欠かせなかった『自由』が失われる事であり、… 
 かつての李嘉誠ように、マーも今が撤退の時だと感じたに違いない

   支那国外に目を向けても、米支間にIT冷戦の暗雲が漂っており!〜、
         起業家は先行きに期待が持てない!、・・・
米政府はほぼ確実に、支那系IT企業が米国内で研究を行ったり、アメリカの技術を利用することへの制限を強めるだろう… 既に制限強化は実施されている。
米支の貿易戦争と併せて、IT冷戦は支那IT企業の成長を大きく阻む事は確信的といえる。

支那政府はマーの退任を
    警鐘として受け止めるべきだ!〜、
政府の政策と方向性の歪みに対して、起業家が不信を顕にした事が表面に浮かび上がって来たのは、… 警鐘以外のなにものではないからである。

現在、共産党支那は危機的とも言える問題に直面している!〜、
✦ アメリカとの貿易戦争と来るべき地政学上の冷戦!・・・
✦ 経済・外交政策に対する国内での信頼低下!・・・

最近の支那政府の姿勢からは、勝利につながる戦略は見えてこない。今のままでは、マーのようなビジネス界のリーダーがさらに去っていくだけだ。

■【支那共産党の『俎上の鯉!』でしかない大富豪達(成功者)】:



 今年5月、安邦保険集団元会長の呉小暉氏に対して!〜、
詐欺と職権乱用の罪で懲役18年の実刑判決が下った。また、呉氏の個人資産105億元(約1800億円)は当局に没収された。同社は2月、公的管理に置かれていた。呉小暉氏は中国の実力者・鄧小平の孫娘の結婚相手だった。





 7月、支那複合企業、海航集団(HNAグループ)のナンバー2・王健氏がフランス南東部で謎の事故死を遂げた!〜、
海航集団が共産党高官グループの隠匿資産で、総資産はかつて1780億ドルと言われている。



 約100日間も消息が途絶えている支那の
       トップ女優、ファン・ビンビン!~、
巨額の脱税疑惑で当局に拘束されているとの
          噂が広まっている!・・・
一部の専門家は、脱税は口実にすぎず、米・支貿易戦や国内の経済状況の悪化が、失踪の背景にあると分析する。支那政府、芸能人や富豪から資産を狙い、押収することを画策していると識者の間では認識されている。

支那国内メディアは!~、
共産党政府のお先棒を担ぎ、ビンビンが過去5年間の総収入が10億元(約160億円)に達したと指摘!…また、ビンビンがオーナーや役員を務める会社は12社にのぼり、海外で不動産投資を行い、巨額の富を手に入れたと批判した。

支那の富豪の間では、
次はいつ自分が標的になるかと不安が広がっている!~、
なかには、共産党の機嫌取りに走る人物もいる!・・・

支那インターネットサービス大手・騰訊控股(テンセント・ホールディングス)の馬化騰会長と、インターネット通販大手・京東商城の劉強東・最高経営責任者(CEO)は今年6月、『支那共産党の聖地』である陝西省延安市に訪れ、共産党政権への忠誠を誓った。

1920年代に共産党が組織した『紅軍』の軍服を身に纏った馬化騰氏らの姿が、… ネットに拡散され大きな衝撃は走った。『厳しい状況に置かれているだろう』、『保身のためのやむを得ない行動だ』という同情論が渦巻いた。

今年1月に発表された米フォーブス誌のリアルタイム富豪ランキングによると!〜、
馬化騰氏の個人資産は501億ドル(約5兆5481億円)で、世界富豪ランキングで14位、アジアでは1位にランクされた。

共産支那政府は米国との貿易戦で!~、
支那が急激な元安を回避し、外貨準備を切り崩してドル売り・元買いの為替介入を繰り返して来た為に、…外貨準備は7月と8月、2カ月連続で減少!・・・
経済成長の鈍化で、国内のキャッシュフローも厳しくなっている。

共産党支那政府は富豪たちを標的にして!~、
腐敗防止の美名を盾に『国有化』で資産没収を目論んでいる共産党支那!・・・
有名芸能人や富豪の資産を財政赤字の穴埋めに当てる意図を隠そうともしない!・・・
それだけ政府が追い詰められているのは明白である。

さて、支那の経済の沈下が如実に現れてきて、支那の財界人の間で動揺が広がっている時勢の中!〜、
日本の政権、財界を俯瞰すれば、支那との関係改善、新たな投資ばかりが先行している!・・・

 学習能力の欠如が起因する判断力の退化が原因なのか?、国を、会社を思う心が欠如して短期的な視野でしか情勢が見えず、米トランプ大統領の支那の締め付けの本気度の測定を誤っているとしか思えない。

トランプ大統領の締め付けは!~、
 経済もさることながら、世界の安全保障、特に米国、アジアに重きを置いている!・・・
 支那の時代錯誤的な膨張主義(覇権主義)に終止符を打つ事に主眼を置いている!・・・

此れを読みきれない愚鈍な日本の『政・官・財』であり、…トランプ政権の目的から大きく逸脱している。
日本国は何処に向かおうとしているのか?、… 行先に待ち受けているのは奈落の底か!、・・・
安倍政権には正しく日本の舵取りをして欲しい!と願わざるを得ません!。


引用記事:
 沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

 中国保険大手の元会長に懲役18年 トウ小平の孫娘と結婚した呉小暉被告

 中国HNAグループ共同創業者が転落死、深まる謎

● トップ女優の拘束、ジャック・マーの勇退…
           共産党の俎上の魚でしかない成功者たち